ヘッジファンドダイレクト株式会社 評価、評判、レビュー、口コミ

ヘッジファンドダイレクト株式会社 評価、評判、レビュー、口コミ

管理人のmakotoこと私がご説明していきます。

ヘッジファンドダイレクト株式会社は、ヘッジファンドの助言業を行っている業者という立ち位置になり、契約自体は個人でという形になっています。

ご想像がつくかと思いますが、紹介してもらったものに対してアドバイスは受ける事ができるが契約は自分となると自ずとハードルが高くなってしまいますね。

ヘッジファンドダイレクト株式会社

ヘッジファンドダイレクト株式会社公式サイト

メリットよりもデメリットが多数存在しています。

・最低出資額が1,000万~でハードルが高い
・そもそも富裕層向けのサービス
・契約時の書類を英語で自分で対応
・外貨貯金の口座開設が必須

富裕層向けのサービスと謳っている通り、最低出資額が大きいです。

どちらかと言えば紹介業者と捉えたほうがいいので、私個人的には使う理由が見当たりません。

ヘッジファンドダイレクト株式会社の代表取締役社長の高岡氏が執筆している著書にもしっかりと書いてあります。

高岡氏はメディアでの活動もアクティブに行っているようですが、どうしても富裕層向けという言葉が気になります。

結局どうする?

上記でも述べていますが、使う理由が見当たりません。

単純にハードルが高いです。

またそれだけでなく、デメリットが多く存在してしまっていますので個人的には完全に「無し」の業者という評価になってしまいます。

評価…E

ご相談は365日24時間受け付けています。

自分の大切な資産を大切にしましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
makotoへのご相談や質問はこちらから
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ