投資先の選択

国内の投資先と運用先ファンドの選択

管理人のmakotoこと私がご説明していきます。

投資に興味はあるけど、まずどうしたらいいのかわからない。

どうやってはじめるの?

損はしないの?

今、多くの方が悩んでいます。自分のまとまった貯金を運用するのですから信頼ができてリターンもしっかりとした投資先を見つけたいと誰しもが思うはずです。

私は運用としての投資歴としては10年ですが、それ以前からFXや株などもしておりましたので、トータルすると15年ほどはこの業界を見続けてきています。

現在では1つに絞った投資先のみの配当で通常のサラリーマンの月収×5ほどは得ておりますので、生活には全く困っていません。

銀行に貯金する時代は10年前に終わっています、いまはお金に働いてもらう時代です。

ですので、このブログを通じて皆さんの投資や資産運用の悩みを解決できれば私も嬉しく感じます。

投資を成功させるポイント!

投資先やファンドは公開されている情報が少ない事が多々あります。

では、どんなところに着目して見極めていけばいいか?

極々当たり前のことのように見えますが、これがなかなか難しいのです。

何が難しいか?先にも述べましたが、情報が少ないのでその少ない情報のなかで見極めていくことが難しいのです。

もちろん投資先のエージェントと面談をし、しっかりと情報を取る事が最重要となるわけですが、これは皆さんはしなくていいのです。私の経験則がありますから参考にして頂くだけでそこの手間が省けます。

この記事では結論までは書きませんが、必ず現在ナンバーワンである投資先をご紹介は致します。

投資先ってどれだけあるの?

はい、はっきり言って調べると結構な数があります、下に箇条書きしますがおそらくもっとあるはずです。

エクシアジャパン
アズカル・アセットマネジメント
ベイビュー・アセット・マネジメント
ビスタマックス・ファンド・アドバイザーズ
BMキャピタル
キャピタルアセットマネジメント
GCIアセットマネジメント
ヘッジファンドダイレクト
ホリコ・キャピタル・マネジメント
ミョウジョウ・アセットマネジメント

もしかすると名前くらい聞いた事がある会社もあるかもしれません。

ですが、どの会社もメリット・デメリットがあります、その中で限りなくメリットの方が大きく限りなくデメリットが少ない会社(投資先・ファンド)を選択するのが最重要なわけです。

お金の運用とは、「貯金ではなく投資」です。

そして、いま時流は貯金ではなく投資する事が重要視されており、日本人は世界に比べ極端に遅れている事実があります。

世界の人の自分の資産に対する手段をまとめたデータもあります、日本人はまだまだ現金主義で保守的なので、最下位に近い順位です。


皆がやるなら私もやる的な発想の人種なのです。

周りより一歩でも二歩でもリードして、将来の不安を解消しておきたいなら投資は確実にしておくべきです。

お気軽にご相談ください

私は投資しています、現在は3000万ほど投資しています。

と言っても初めから3000万あったわけではありません、初めは200万からスタートしました。

皆さん複利という言葉は知っていますか?

知らなければグーグルなどで検索してみてください、投資において最も重要といってもいいくらいの言葉です。

上の写真のようにお金が増えていくのが正に複利です。

私が初めは200万スタートなのに現在3000万円を運用しているのも、この複利の力です。

投資は、堅実に利益を取り、リスクを如何に低くするか?です。

ご相談は365日24時間受け付けています。

自分の大切な資産を大切にしましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
makotoへのご相談や質問はこちらから
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サブコンテンツ

このページの先頭へ